ミセツク~お店をつくって生きるカタチ~

~アイツとワタシの自由が丘『松田』での毎日を綴ります~

イオンスタイルファッション

【お店が出来るまで 1】決心するまでが長かった #4

さて、アイツとワタシの【お店が出来るまで】シリーズが始まります。
約12年前の事です。
干支が約一回り。
長くて、短かった12年。
自分自身を振り返る気持ちも含めて、改めて書いていきたいと思います。
皆さんにとっての12年はどんな日々でしたか?

継続か?独立か?

約12年半前。
アイツとワタシが結婚して約1年半経ったところ。
その頃の二人の話題と言ったらもっぱらアイツが独立するのか?しないのか?でした。
継続とは当時アイツが務めていた会社でこのまま仕事をしていくこと。
独立とは自分の城、つまりお店をつくって開業すること。

大 決断前

アイツ、32歳。
ワタシ、31歳。


料理業界ってどうなんでしょう?
若くしてこの道へ入った料理人は自分の店を持つ!を一度はふんわりとでも夢みるものなのでしょうか?
そして、どんどん目標へと変わるのでしょうか。

もちろん、板長や経営者側へとなることもあるでしょう。
現代の選択肢としては海外での仕事、新しい分野での経営の形なんかもあるでしょう。
もっと言えば料理人は辞めてしまうこともあるかもしれません。

ここだけの話、10代の頃のアイツは将来どこか有名ホテルの料理長になってやる!なれる!と思っていたそうな。

まぁあれからだいぶ時間が流れ、いくつかのお店での修行を経て、独立開業を選んだアイツ。
何はともあれ、どんな形であれ、1つの決断をしたアイツは立派です。

ただ…決定するまでは本当に迷いました。
そりゃぁそうですね。この大きな決断、なかなか簡単に決められるものではありません。
決断してみたものの、きっとまだ迷っていたかもしれません。
ご飯電車飲み屋
いつもいつも、同じ話の繰り返し。
その間4ヶ月。前にも後ろにも動きません。
同時に勤め先での悩みもありつつ、そう順調には進むわけもありませんね。
結婚生活も1年半。お互いの感情がぶつかり合う時期でもありましたし。
本当になかなか決心が出来ませんでした。
ただただ時間だけが流れて行きました。
とは言っても、二人とも何も決めずこのまま居ていいとは思ってもいませんでした。
例えば、家を買うのかこのまま賃貸で生活していくのか。
車を買うのか、車を持たない生活を選ぶのか。
都会か、田舎暮らしをするのか。どんな人生にするのか。
どちらが良いかの正解がないわけですから、自分で覚悟を決めてどちらかをやる事にするしかありません。
先延ばしというのも一つの手かもしれません。
考えれば考えるほど選択網が増えていきます。
そいうった類の決断ですから、本当に迷っていました。

しかし、決断しました。
今もここでお店をやり、このブログをかいているのですから。

さて、その先からのお話はまた次回【お店が出来るまで 2】の投稿をお楽しみに。

 

 

ロフトネットストア ロフトネットストア|ワナドゥ手帳