ミセツク~お店をつくって生きるカタチ~

~アイツとワタシの自由が丘『松田』での毎日を綴ります~

イオンスタイルファッション

【お店が出来るまで 4】無計画だった私たち #7

どうしても更新が滞り気味になってしまいます。
本業(お店)?!との両立は何かと大変(^^;
いつまで経っても言い訳ばかりなワタシです。
でも、いつもいつも『ミセツク~お店をつくって生きるカタチ~』の事は頭にあり、そしてこのブログのネタも今も常にストックされ続けています。
なので、気長にこれからもお付き合いくださいませ。

 

f:id:moko619:20160419075232p:plain

 さて、今回は私たちの無計画さの暴露です…。

 
「よし!お店を開業だ!」と夢を現実にしようとする時、殆どの場合、どんな内装にしたいのか、お店の名前はどうしよう、店舗の大きさはこんなくらいで、などとイメージがどんどん膨らんでいることでしょう。
 
しかし、私たちの場合、本当に恥ずかしくなるくらい無計画だったので、数多くの不動産屋さんとお話をさせてもらっている中で、徐々にイメージが出来上がっていった感じでした。
もちろん、店主はアイツなのですが、どんなお店にしたいのか?という具体的な話も2人でろくにしていません。
ただただ開業するということが決まっているだけです。
不動産屋さんも頼りない2人だなぁと思っていたに違いありません。
 
それでもそんな事には鈍感なワタシ達。気にせず、めげずに進みます。
そして時間が流れていく中で、ようやく大まかに ↓ この位の事が決定していきました。
 
  1. 10~15坪まで。→2人でやるお店の限界の広さ。
  2. 坪あたり25,000まで。→10坪だったら賃料250,000という計算。因みに、家賃と違って、賃料には消費税がかかります。
  3. 1階希望。→頑なに1階ではなく、場合に寄って(賃料との折り合い)は2階も検討しない手はありませんでしたが、さすがに地下は検討外でした。
  4. 保証金は自分たちの身の丈?!を超えない程度。→賃料の10ヶ月分と言うのが基本なのでしょうか。よく見かけましたが、決まりはないようで、物件によってはもっととんでもなく莫大だったりします。逆に住居の場合のように敷金、礼金ということもあるでしょう。
  5. 駅から近い。→近いに越したことはないけれど、あまりにも密集地は自然と敬遠していたように思います。考え方としては隠れ家的なもので住宅街の中もありますが、それを選択するのはだいぶ勇気のいる決断なのではないでしょうか。
決定していく中で、基準は ↑ このようになっていきましたが、本来は
 
  • 人通り、車の流れ
  • 両隣、上下の様子、競合店
  • 居抜き(前の店舗のまま引き継ぐ形)、スケルトン(空の状態)
  • 周辺地域の様子(競合店に限らず、どんな店舗や施設があるのか)
  • どんな地区なのか(オフィス街、住宅地、高層マンション等)
  • その他いっぱい
色々と他にも沢山考えることはあったでしょう。
また逆に、どんな地区であるかによって、お店のターゲットやコンセプトが決まっていく(合わせていく)という方法もありますね。
 
カチカチに決定していなくても、たくさんの物件を見ていく中で、あーこういうのもアリだなと発見していっても良いと思います。
そして、実際はお店を構えてからも何かと「あーこうすれば良かった」と後悔だったり、ここは重要視するべきだったと思ったり、逆にそんなにこだわらなくても良かったんだなと思ったり、必ずあるものです。
しかしそれは日々の中で受け入れたり、改善出来たり、柔軟な姿勢でいましょう。
完璧なことなんてないのですし、今あるものを活かしていく思考も身についていくはずです。
 
さて、次回は実際に物件を内見していきますよー。
 

【お店が出来るまで】シリーズ! 

 

 

misetsuku.hatenablog.jp

 


人気ブログランキングへ

ロフトネットストア ロフトネットストア|ワナドゥ手帳